出版適正チェック

Trinkaの出版適正チェック機能では、ジャーナルとの相性から、倫理面・コンプライアンスのチェックなど20以上のチェックポイントで文章を査定し、論文受理の可能性を高めます。

今すぐ始める
  • 投稿先ジャーナルへの適合性

    2 Checks
  • 学術論文としての体裁

    3 Checks
  • 倫理規定の順守

    5 Checks
  • オーサーシップの記載

    4 Checks
  • 参考文献

    1 Check
  • 図表

    2 Checks
  • 臨床試験情報

    1 Check
  • キーワードと要約

    2 Checks

使い方は とっても
シンプル

  • 登録/ログイン

  • ファイルのインポート&
    出版適正チェックを選択

  • 詳細なレポートを
    ダウンロード

出版適正チェックの特徴

Trinkaの出版適正チェック機能では、ジャーナルとの相性から、倫理面・コンプライアンスのチェックなど20以上のチェックポイントで文章を査定し、論文受理の可能性を高めます。 Trinkaのチェックポイントを8つのカテゴリーごとにご説明します。

投稿先ジャーナルへの適合性

論文の内容が、投稿先ジャーナルが対象とする分野に適合しているかをチェックし、必要に応じて代替ジャーナルをご提案します。

学術論文としての体裁

要旨(アブストラクト)、単語数、段落の構成など、学術論文に一般的に必要な要素をチェックし、学術論文としての体裁が整っているかどうかチェックします。

倫理規定の順守

ジャーナル編集部が原稿を受理できるよう、インフォームドコンセントや、倫理規定に関する関係者の同意、研究資金や利益相反についての情報開示など必要な記述がなされているかをチェックします。

オーサーシップの記載

著者名、所属組織との関わり、責任著者、論文への貢献度など、研究論文のオーサーシップについて明記されているかをチェックします。

参考文献

Trinkaでは参考文献もチェックし、文献が古すぎる場合は指摘します。

図表

図表のキャプションが記載されているかどうか、また図表が論文内できちんと引用されているかどうかもチェックします。

臨床試験情報

Trinkaでは、臨床試験IDなど試験に関する詳細が明記されているかもチェックします。

キーワードと要約

Trinkaでは最先端のAI技術により、論文の要点やトピックを抽出し、要旨(アブストラクト)やイントロダクションなど論文の構成要素ごとに要約を自動生成します。また、キーワード候補も提示します。

AI英文校正ツールTrinkaについて

英文校正ツールTrinka(トリンカ)は、学術論文・テクニカルライティングに特化した英文チェッカーです。幅広い専門分野の数百万本以上の学術文献を通じて学習し、更新され続けるAIを搭載。各種の機能を通じて英語論文や専門性の高い英文ライティングを自動的に校正します。クラウドベース、ブラウザプラグイン、MS Wordプラグインなど幅広い使用環境に対応。法人・機関のユーザーに最適なTrinka Enterpriseもあります。