LaTeXファイル自動校正

LaTeXファイルの
英文校正も数分で

LaTeXファイルの自動校正機能で作業を効率化。プラグインのインストールの必要もありません。校正後のLaTeXファイルと同時に生成されるWordファイルで、変更履歴もご確認いただけます。

今すぐ始める
Latex Banner
latex thumbnail

LaTeXファイル
自動校正の使い方

TrinkaのLaTeXファイル自動校正機能の使い方を、簡単なウォークスルービデオでご覧いただけます。

ステップごとの解説で、機能を余すところなくお使いいただけます。

FAQもあわせてお読みください。

TrinkaのLaTeXファイル自動校正の主な機能

icon

変更履歴の表示

校正済みのLaTeX ファイルとともに、変更履歴付きのMS Word ファイルも生成します。

icon

フォーマット・レイアウトの保持

元原稿のフォーマットやレイアウトは変わらず、テキストのみを校正。ソースコードやタグは変更されません。

icon

言語スコアの提供

文法カテゴリごとの修正数に基づき、文書全体の言語の品質をスコア表示します。

icon

修正項目一覧

カテゴリー別の修正項目が一覧表示され、どのような校正が行われたかをご確認いただけます。

icon

スタイルガイドの設定

一般的な学術論文のスタイルガイド(APA、AMA、AGU、ACS、IEEE)に準拠して、原稿の文法や語彙を修正できます。

icon

修正提案の種類を選択

Trinkaによる修正提案の種類はご選択可能。文脈に沿った最適な提案を行います。

お使いのストレージからファイルをインポートして、 わずか数分で校正完了!

  • Trinka My Drive

  • ローカルフォルダ

  • DropBox

  • Googleドライブ

LaTeX自動校正ファイルのサンプル

sample report

LaTeXファイルの言語品質を
たちどころに改善

今すぐ始める

LaTeXファイル校正機能はポイント(Credit)でお使いいただけます

icon

5000単語ごとに1ポイント(Credit)が必要です。ご利用プランのアカウントに無料で付与されるポイントに加え、ポイントの追加購入も可能です。

ポイントは、Trinkaの各種機能にご利用いただけます。

毎月、プレミアムプランとプレミアムプラスプランのユーザーには10ポイント、ベーシックプランのユーザーには4ポイントが無料で付与されます。詳しくはポイント(Credit)のページをご覧ください。

LaTeXファイル自動校正に関するよくあるご質問

Trinkaにログイン後、画面左のメインナビゲーション「Proofread File」からLaTeXファイルをアップロードすると、AIが文書の処理を開始します。数分後に、修正されたLaTeXファイルの他、変更履歴付きのMS Wordファイルが生成され、変更箇所も一目瞭然です。

さらに、修正箇所の数、文法ミスの種類、総合的なライティング品質スコアなども提供されます。

はい。Trinkaのベーシックプランにご登録いただくと、毎月4ポイント(Credit)が無料で付与されます。1ポイントで、LaTeXファイルの文法チェックを5000単語分無料でご利用いただけます。

5000単語ごとに1ポイント(Credit)が必要です。

いいえ。TrinkaはOverleafなど他のツールとは直接統合されていません。Overleafで生成したLaTeXファイルをアップロードしていただけば、Trinka上で自動校正することができます。

Trinkaのファイル自動校正では、LaTeXファイルのソースコードを保ちながら言語だけを修正。研究者やテクニカルライターの方に便利にお使いいただけます。