Trinkaをご利用いただいている研究機関

法人向け・AIコンテンツ
検出機能ならTrinka

企業による情報発信では、高い精度でAI生成コンテンツを検出し、メッセージにそうした文章が紛れ込まないようにすることが特に大切です。そのためTrinkaでは、AI生成コンテンツ検出機能の法人向けAPIも提供しています。基本的な機能に加え、組織ごとに異なるニーズを満たす高度なソリューションをご提供します。

高度な検出システムが、文章全体から文レベル、フレーズレベルに踏み込んで分析。人が作成したテキストとAIが生成したテキストとを検出した結果を提示します。

法人向けの高度なAI生成コンテンツ検出機能は、Trinka EnterpriseのTrinkaAPIとTrinkaオンプレミスでご提供します。お気軽にお問合せください。

img-fluid

TrinkaのAI生成コンテンツ検出機能 が選ばれる理由

  • 幅広いLLMモデルをカバー: ChatGPT(GPT-4)、Bard、Bing Chat、Claudeなど、主要な生成系AIによるテキストを検出
  • 迅速で正確な分析: 高い精度の結果を瞬時に表示
  • パラフレーズされたAI生成文章も検出: AIが生成したテキストの表現が書き換えられていても識別
  • 一目でわかるスコア: テキストに含まれるAI生成コンテンツの割合をスコアで表示
img-fluid

TrinkaのAI生成コンテンツ検出機能はこんな方・組織にお勧め

  • ライター: Googleをはじめとした検索エンジンは、AIによる生成コンテンツを検出し、それを含むサイトのランキングを下げる可能性があります。人によるオリジナルの文章を掲載することで、競合に抜きん出ることができるでしょう。
  • 教育機関:例えば学生によるレポートなど、文章が人の手で書かれたものかどうかを簡単に確認でき、不正の有無を見出すきっかけになります。
  • 出版社:著者を始めとした執筆者の作業を検証し、出版前に書籍のオリジナリティを確認できます。
  • 研究者:参考文献や学術情報ソースの信頼性・信憑性を保証し、研究や出版物の完全性を守ります。
img-fluid

コンテンツの質の向上を、Trinkaで

今すぐ試す

AI生成コンテンツ検出機能に関するよくあるご質問

TrinkaのAI生成コンテンツの検出機能は、AIが生成したテキストを検出するための専用ソフトウェアです。確認対象のテキストがChatGPTのような生成系AIによって書かれたものなのか、あるいは人によって書かれたものなのかを判断し、テキストの信憑性を明確にします。

自然言語処理、機械学習、ディープラーニングの技術を利用してテキストを分析します。人が書いた文章とAIが生成した文章との違いを識別し、どちらによって書かれたのかという予測をスコア付きで行います。学習を続けるAIを搭載し、その機能は向上を続けています。

盗用・剽窃の検出は、文書に盗用・剽窃に該当する箇所がないかをチェックするものです。盗用・剽窃とは、他人の作品、アイデア、コンテンツを適切な帰属や許可を得ずに使用することのため、その検出の目的は、研究倫理への違反や知的財産権の侵害といった不正の防止です。一方、AIが生成した文章の検出では、人工知能が生成したテキストを特定します。後者においても目的は文章のオリジナリティの確認ですが、検出の方法(既存の文献やコンテンツとの照合/AIによる生成テキストの傾向からの予測)が異なります。

教育者・学校側には、学生が課題にAIを使用したかどうかを検知する手段があります。不自然な表現や、一貫性を欠いた文章があれば一目瞭然ですし、全体の中で矛盾がある場合や内容に深みがない場合もAIの使用は露呈するでしょう。また、AI生成文検出ツールを活用し、AIが使われた課題を効率的に洗い出す教育機関もあります。学校の課題など各種の提出物の作成に際してAIを使う場合、その使用に関する所属先のルールに従うべきです。

巷にあるAIコンテンツ検出ツールの精度はさまざまです。

TrinkaのAI生成コンテンツ検出機能は、ChatGPT(GPT-4)、Bard、およびその他の主要な生成系AIが生成したコンテンツを高い精度で識別します。テクノロジーの進化に伴い、TrinkaのAI生成コンテンツ検出機能は今後も精度を高めていきます。

Googleなどの検索エンジンは、AIが生成したコンテンツのSEOへの影響に関する懸念に対処するため、アルゴリズムの改善に積極的に取り組んでいます。AIは膨大な量の低品質なテキストを生み出すという懸念がありますが、検索エンジンはそのようなコンテンツを含むサイトを効果的に選別しようとしています。

はい、可能です。Trinkaの検出レポートでは、人が作成したテキストとAIが作成したテキストのそれぞれの部分についてのコメントを提供します。レポートには数値付きの判定が含まれており、コンテンツの出所に関する透明性について細かな内訳が示されます。

検出レポートは法人向けのAI生成コンテンツ検出機能でのみご利用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

ツールは一定の制限付きで無料でご利用いただけます。上限は1日10回まで、1回あたり500単語までですが、ボリュームのある文書の場合は、分割してチェックにかけていただくことができます。