アカデミックライティングを対象に
Trinka、Grammaly、LanguageToolを比較

この解説資料について

一般的な英語については、すでに複数の文法チェックツールが存在しますが、学術的な英文のライティングや語法、出版適正をチェックできる校正ツールはこれまで存在しませんでした。

学術論文の執筆やテクニカルライティングを行うにあたり、どのライティングサポートツール、文法チェッカー、校正ツールが最もご自分に適しているかの判断材料として、この解説資料をお読みください。

この解説資料では、自社調査の具体的なデータに基づき、記述の正確さの判定や出版適正の査定などを行えるTrinkaが学術ライティングに最適なツールであるということを具体的にご説明しています。

解説資料の概要

1

世界中のアカデミックライターや論文著者が抱える問題点の再考

2

既存のライティングサポートツールの柔軟性と限界

3

TrinkaGrammaly、LanguageToolの比較検証

4

Trinkaの優位性を証明

解説資料のプレビュー