アカデミックライティングを対象に
Trinka、Grammaly、LanguageToolを比較

この解説資料について

一般的な英語については、すでに複数の文法チェックツールが存在しますが、学術的な英文のライティングや語法、出版適正をチェックできる校正ツールはこれまで存在しませんでした。

学術論文の執筆やテクニカルライティングを行うにあたり、どのライティングサポートツール、文法チェッカー、校正ツールが最もご自分に適しているかの判断材料として、この解説資料をお読みください。

この解説資料では、自社調査の具体的なデータに基づき、記述の正確さの判定や出版適正の査定などを行えるTrinkaが学術ライティングに最適なツールであるということを具体的にご説明しています。

解説資料の概要

1

世界中のアカデミックライターや論文著者が抱える問題点の再考

2

既存のライティングサポートツールの柔軟性と限界

3

TrinkaGrammaly、LanguageToolの比較検証

4

Trinkaの優位性を証明

解説資料のプレビュー

AI英文校正ツールTrinkaについて

英文校正ツールTrinka(トリンカ)は、学術論文・テクニカルライティングに特化した英文チェッカーです。幅広い専門分野の数百万本以上の学術文献を通じて学習し、更新され続けるAIを搭載。各種の機能を通じて英語論文や専門性の高い英文ライティングを自動的に校正します。クラウドベース、ブラウザプラグイン、MS Wordプラグインなど幅広い使用環境に対応。法人・機関のユーザーに最適なTrinka Enterpriseもあります。