LanguageTool以外の
英語文法チェッカーをお探しですか?

LanguageTool PremiumからTrinkaへの乗り換えをお考えの方に、お支払い済みの代金が無駄にならないお得な乗り換え方法をご用意しています。

Trinkaは格の違うオンライン英文校正ツールです。私の文章は、LanguageToolでは、これほど完璧で整ったことはありません。非常に感銘を受けたので、友人や仲間に強く勧めたいと思います。

人類学者、スウェーデン

LanguageToolからTrinkaへの乗り換えをお考えの方に、朗報です!

「Trinkaを使いたいけれど、LanguageTool Premiumの料金を支払い済み・・・。」そんな方にも無駄なくTrinkaのプレミアムプランにお乗り換えいただけるよう、お得な乗り換え方法をご用意しています。

LanguageTool Premium(年払い)をすでにご契約の場合:

契約開始日:2021年1月5日

乗り換えの日付:2021年4月25日

残りの利用可能期間:255日

特別オファー
プレミアムプラン
ご利用期間計算機
LanguageToolからの乗り換えで、Trinkaのプレミアムプラン利用期間が何日延長されるか算出します。
* 延長は、Trinkaプレミアムプランのお支払いをクレジットカード/
デビットカードで行っていただく場合にのみご利用いただけます。

TrinkaとLanguageToolの違い

クラウドベースのオンライン文法チェッカーTrinka(トリンカ)は、スタイルガイドに準拠した英文修正や、文体の改善、高度な文法チェックにおいて、LanguageToolに比べて高い評価をいただいています。

機能TrinkaLanguage
Tool
スタイルガイドへの準拠 (APA、AMAをはじめとした各種ガイドに即した語法)
専門分野に合わせた用語・語法 (医学、ライフサイエンス、工学など、分野に合わせた修正を提案)
専門用語のスペル (分野に合わせたスペルを提案)
専門的な言い回し (その分野で使われる用語、フレーズを提案)
用語統一チェック (ダッシュなどの記号、スペル、数値の表記法など細かい点もチェック)
出版適正チェック (論文受理の可能性を高める20以上のチェックポイントで査定)
ファイル自動校正 (Wordファイルでアップロードすれば、数分で自動校正が完了)
変更提案の一括承認/すべて無視、いずれも可能 (修正案の一括反映/すべて無視もワンクリックで完了)
学術的な文体 (口語体、フォーマルでない表現や単語の修正)
単語数削減 (より簡潔で説得力のある文章を提案)
適切な表現 (意図しない不適切な言葉遣いや偏向のある表現の修正)
あいまいな表現の明確化 (分かりやすく明確な英文に修正)
辞書機能のカスタマイズ
高度な文法チェック
文構造の修正
より良い単語の提案
アメリカ英語/イギリス英語の選択
細やかな説明とヒント
オンライン校正
ブラウザプラグイン
Wordプラグイン

こちらは、学生、研究者、図書館職員、教員の皆様がご自分に合った英文チェッカー・英文校正ツールをお選びいただけるよう作成した比較表です。不備等ございましたら メールにてお知らせください。

料金プラン

ぜひ各社英語文法チェッカーの機能を比較してみてください。Trinkaは単なる文法チェッカーではなく、学術論文・テクニカルライティングに特化した英文校正ツールです。

$0 / month
  • 文脈に即したスペルチェック
  • 高度な文法修正
  • 語法、文体修正
  • 構文修正
  • 明確で伝わりやすい表現
  • ファイル自動校正
  • 専門用語の選択
  • スタイルガイドへの準拠
  • 用語・表記統一
  • 出版に適したライティング
    (適正な専門用語, 単語数削減 etc.)
  • 出版適正チェック
    (投稿先ジャーナルとの適合性, 要約生成など)
$19 / month
  • スペルチェック
  • 文法・句読点の高度なチェック
  • 文章のトーンや文体の洗練

Trinkaが他の英語文法チェッカーより優れている理由はここにあります

高度な英語ライティングには高度な校正が求められます。それをすべて自動で行うTrinka(トリンカ)は、 学術論文やテクニカルライティングに特化した、AI搭載の英文校正ツールです。 Trinkaに搭載された各種の校正・チェック機能は、文法、スペル、句読点などをチェックするだけでなく、論文出版の可能性を高める文章改善の提案も行います。

専門分野と文書の種類

原稿の分野や種類に即した最適な提案を表示させる機能のカスタマイズが可能。

スタイルガイドへの準拠

学術論文の各スタイルガイドに即した語法を提案。 (AMA 11th, AGU 2017等)

ファイル自動校正

Wordファイルでアップロードすれば、Trinkaが変更履歴を残しながら自動校正。あとはダウンロードしたファイルを推敲するだけ。

出版適正チェック

論文受理の可能性を高めるため、ジャーナルとの相性から、倫理面・コンプライアンスのチェックなど20以上のチェックポイントで文書を査定。

用語統一チェック

Trinkaなら、様々なタイプの表記ゆれを一斉に検出し、どれだけ長大な文書でもワンクリックで修正可能。

変更履歴ファイルのダウンロード

残したい変更履歴だけを付けたファイルをダウンロードして、そこから最終稿をらくらく作成。

学術論文・テクニカルライティングに特化した英文校正ツールTrinka

Trinka(トリンカ)は、3000種類以上の文法ミスのチェック、文体やトーンの改善、高度なライティングのヒントの提示などを行い、学術論文やテクニカルライティングの英語・英文法を総合的に改善するツールです。

Trinkaと他のメジャーな英文チェッカーとの違い

GrammarlyからTrinkaに乗り換えるメリットは何でしょうか?私たちは、5つの学術系ドメインから集めた5,778語の英文のGrammarly PremiumとLanguageToolによる文法チェックを検証し、訂正箇所の正確さ、スタイルガイドの好み、簡潔さ、文脈に沿ったスペルチェックなど、フォーマルな文章やテクニカルライティングに欠かせない要素を比較しました。比較検証の詳細に関するこちらの解説資料をご覧ください。

比較資料を無料ダウンロードする

高度なライティングに求められる高度な英文校正ツール、Trinka

単なる文法・スペルチェック機能 以上の精度

Trinkaは単なる文法チェッカーではなく、他のツールでは見つけられない学術論文やテクニカルライティング特有の英語のミスを検知して修正を提案する英文校正ツールです。

圧倒的なアカデミック ライティングの改善

Trinkaを使うことで、文体やトーン、用語の選択を学術出版に適したものに改善できます。

英文ライティング力の向上

詳細な説明や提案、ライティングのヒントが提示されるため、使い続けることでライティング力の向上も期待できます。

LanguageToolからTrinkaへの乗り換えをお考えの方に、朗報です!

「Trinkaを使いたいけれど、Grammarly有料版の料金を支払い済み・・・。」そんな方にも無駄なくTrinkaのプレミアムプランにお乗り換えいただけるよう、お得な乗り換え方法をご用意しています。

ぜひ、Trinkaにお乗り換えいただき、高精度の文法修正をはじめとした、学術論文・テクニカルライティングに最適な英文チェック機能をご利用ください。

お申し込みは3ステップで完了です。

乗り換え方法

1

まずはTrinkaの 無料アカウントを作成。学術論文・テクニカルライティングに特化した校正ツールの各種機能をすぐにご利用いただけます。

2

アカウントへのログイン後、ダッシュボード右上にある「Upgrade」からプレミアムプランをご購入。「Annual(年払い)」を選択し、お支払い手続きを行ってください。

3

その後、LanguageTool Premiumのご契約期間がわかる明細を support@trinka.aiまでお送りください。ご購入いただいたTrinkaのプラミアムプランのご利用可能期間を、LanguageTool Premiumのご契約終了までの日数分、無料で延長いたします。

Trinkaで、洗練された英文をもっと簡単に。

無料で登録する

Trinka vs. Grammarly

かつてない学術専門の英文添削ツールTrinka

もっと読む

Trinka vs. Ginger

総合的に英文の質を改善する英語文法チェッカーTrinka

もっと読む

Trinka vs. Writefull

学術分野特有の言い回し表記にも対処できる英文校閲ツールTrinka

もっと読む

免責事項: 本ページで言及する製品名および企業名は、各所有者の商標™または登録商標®です。ここでの言及は、各社との提携や推奨を意味するものではありません。本ページで記載されている比較は、製品のパンフレットやウェブサイトから得られた製品情報、および2021年9月15日に同じ条件下で行われたテストに基づいて作成されています。ご不明点は、 support@trinka.aiまでお問い合わせください。